眼瞼下垂って?

眼瞼下垂とは、上まぶたが開きづらくなってしまった状態のことを指します。眼瞼下垂の症状があると、なかなか目を開くことができない、いつも眠たそう印象や目つきが悪いと言われてしまったりします。中には、激しい肩こりや偏頭痛を呼び起こす原因になることもあり、目を無理して開けている状態が続くため、強い疲れを感じることもあります。

眼瞼下垂の見つけ方、原因

上まぶたは、眼瞼挙筋(動眼神経支配)とミュラー筋(交感神経支配)の2つの筋肉が縮むことで動作します。眼瞼挙筋は瞼板という上まぶたの軟骨についています。つまり、眼瞼挙筋は腱膜を介して瞼板を持ち上げ、目を開けています。このとき、顔を正面に向けた際も上まぶたが瞳孔(黒目)の上まで上げられない状態を眼瞼下垂と診断します。実際は、額の筋肉(前頭筋)を使って眉毛を上げたり、顔を傾けたりして視野を確保しているために見逃されている患者さまが多くいます。

眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂は次のような症状を引き起こします。

まぶたが重い、目が疲れて夕方以降に奥に痛みを感じる
原因がわからない肩こりや編頭痛
上まぶたにくぼみがあって、全体的にはれぼったい形になっている
いつも眉をあげているので疲れやすい(額にしわができやすい)

眼瞼下垂は『保険診療』で治療することが可能な『疾患』です!!

眼瞼下垂の処置方法

眼瞼下垂

眼瞼下垂の一般的な治療法は、目の上の皮膚を切除して行う切開手術です。一口に手術と言っても方法はさまざまで、皮膚の表面からメスを入れるもの、まぶたの内側から行うもの、筋肉を短縮するもの、切除するものなどさまざまです。当院では、余剰皮膚切除、及び眼瞼挙筋短縮。現在の水色の線をまゆ毛の下の線に沿って切開の場合もあります。腱膜性眼瞼下垂症の場合は挙筋の腱膜と瞼板が離れてしまった状態です。そこで、まぶたの皮膚を切開し、腱膜を瞼板に縫合し固定します。その際、眼窩隔膜の一部を皮膚とも縫合しまつ毛を上向きにします。逆さまつ毛も治ります。手術費用は医療保険が適用され、50,000円前後で処置が可能です。手術をすると、楽にまぶたが上がるようになります。

他院との違い

当院他院
形成外科を専門としている院長が執刀します。 経歴が公開されていない医師の執刀で練習台になってしまう可能性もあります。
トアロード形成美容クリニックでは、一人の患者様に対して十分な診療時間をとります。 忙しいクリニックではカウンセリング+手術で1時間当たり3人がノルマの所もあり、充分なカウンセリングを行わないまま、オぺをしてしまうクリニックもあります。

こんな方にオススメです

まぶたがくぼんで老けた印象
目つきが悪く見える
眠たそうに見える

施術概要

施術時間約60分程度
術後の通院抜糸(5~7日)
術後のはれ3~7日(個人差あり)
カウンセリング当日の治療-
シャワー当日より可能
メイクアイメイクは抜糸後より可能
その他のメイクは施術直後から可能

よくある質問

二重のラインがしばらく赤く目立ちますが、半年~1年くらいであまり目立たなくなります。
メイクは抜糸後(約5~7日後)より可能です。

眼瞼下垂は必ず形成外科へ

眼瞼下垂
あなたの担当医は形成外科医ですか?

近年、眼瞼下垂は一般に広く知られることが多くなってきました。テレビや雑誌で取り上げられることも大変多く、症状改善の問い合わせを頂くことも増えたことは大変喜ばしいことだと思っています。長年一人で悩まれていた方がこれらの症状の存在を知って、保険適用で安心して日常生活に戻って頂くことは、長年この治療をやってきた者としてうれしい限りです。しかし一方で、眼瞼下垂症を取り扱うクリニックも増えて参りました。日本では医師免許を持っていれば、複数にまたがるあらゆる科目を名乗ることが出来るため、この症状に不慣れな医師が看板に掲げることが多数、見受けられます。それに伴って当院にも、『他院で受けたのだが治らない』『目の形が変わってしまった』『美容整形したの?と言われて困っている』といった相談が数多く寄せられています。眼瞼下垂は私が訓練を積んだ『形成外科』の専門領域です。形成外科医は、生まれつきの異常や、傷跡回復、失われた部位を元に戻してあげたり、コンプレックスを解消するために特化した診療領域であり、眼瞼下垂術は形成外科医が非常に初期段階から訓練を積む施術の1つです。 他院で満足な結果が得られないでいる、どこで受けたらいいのか困っている、といった方は、セカンドオピニオンとしてまずは形成外科医のもとを訪れることを強くお勧めします。

料金表

施術内容料金
眼瞼下垂片目 保険適応※ 21,600円

※ 3割負担の場合の窓口でお支払い頂く金額です。別途、初診/検査料などかかる場合があります。
診察料:1,500円(30分)

ドクター紹介

日々進歩する美容医療を通じて患者様が綺麗になったり若々しくなることで、より生き生きと豊かな生活を送る事ができればと考えております。

『美容クリニック』という敷居の高く入りにくいイメージをする方々が多いことと思います。神戸・三宮 トアロード形成美容クリニックでは、アットホームで通いやすく、相談しやすいクリニックを目指しています。 また、いつまでも若々しく過ごすために体の悩みを積極的に改善するお手伝いをします。 誰しもが持つ美しさへの希望を、医療分野からお手伝い致します。 当院と出会い、通って頂いた方々一人一人に感謝し、皆様の悩みをスタッフ共々全員で解決に向けてサポート致します。 どんな悩みでも構いません。一度足を運んでみてください。

神戸・三宮
トアロード形成美容クリニック
院長 上出 泰央

  • 1997年 福岡大学医学部卒業 福岡大学病院形成外科入局
  • 2001年 近畿大学医学部附属病院 形成外科
  • 2003年 美容クリニック勤務 (形成外科、美容外科、皮膚科、美容皮膚科)美容クリニック院長勤務
  • 2010年 神戸市中央区にてトアロード形成美容クリニック開設

日本形成外科学会正会員、日本形成外科学会専門医、日本美容外科学会会員

8月の営業日

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

※赤の部分が休診です。

9月の営業日

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

※赤の部分が休診です。29日は受付・予約のみとなります。
29日は学会のため休診

メールフォーム

◆ 予約フォームからはご利用される3日前までのご予約申込みが可能です。
◆ パソコンからのメールが受信できない設定になっている場合がございます。「メールの受信/拒否設定」が設定してある場合は、指定した宛先からしかメールが受信できない場合があります。その場合は下記の手順で「tor-cl.jp」からのメールが受信できるように設定をしてください。




* 必須項目