的確な診断と治療計画が必要です

美しい胸が欲しいというのは女性に多く見られる願望です。当院では陥没してしまった乳輪・乳頭の治療を施しコンプレックスを解消します。かつて美容外科では胸を大きくしたい、という願望に答えるための「豊胸施術」が非常に多く取り組まれていました。しかし時代の変化とともに現在ではより自分らしい胸、美しい胸を求めて大きさだけではなく形にこだわる方々が増えています。当院は形成外科ですので人体の見た目に関することはプロフェッショナルです。陥没した乳頭や肥大した乳頭、大きな乳輪などさまざまな細かいコンプレックスを解消するお手伝いを行っています。症状によっては保険適用も可能です。経験を活かしたデザイン力と、デリケートな部分だけに仕上がりには最善の注意を払っています。

こんな方にオススメです

乳首、乳輪の見た目がコンプレックス
授乳の妨げとなるのが不安
乳輪・乳頭が大きくて気になる

病気を招くこともあります

軽度な陥没の多くは、乳頭周辺部の皮膚が高まっており、中心部のみが陥没しています。また、重度な陥没の場合は、乳管束とよばれる組織が、乳頭を強く引っ張っているために起こります。程度の強い陥没ほど手術が必要となり、また、強い陥没ほど完全に突出した乳頭を形成することも難しくなります。不衛生な状態から起こる乳腺炎とは、乳腺という母乳をつくる器官が炎症を起こす病気です。放っておくと乳腺の正常な部分まで破壊され、うつ伏せに寝ることができないほど、激しい痛みをともなうことがあります。また発熱するため、日常生活にも大きな支障をきたし、膿がたまって乳房内に膿瘍(のうよう)ができてしまった場合は、切開するという処置が必要になります。

当院の乳輪・乳頭治療の特徴

陥没した乳頭は軽度なものはすぐに治療が可能ですが、重度なものは乳管束とよばれる組織が原因です。大きな乳頭、大きな乳輪も仕上がりが不自然にならないように繊細な技術が必要とされます。当院では何よりもまず最初にカウンセリングを徹底することを心がけています。何がコンプレックスで何を気にしているのか、どうなるのが理想的なのかをすりあわせた上で治療に取り組むのが本来の姿だと考えています。

陥没乳頭
陥没している乳頭を改善する手術です。安全な手術によって傷跡も目立たず、授乳にも差し支えありません。症状によって保険適用が可能です。但し、重度の陥没乳頭の場合、術後の再発が起こりやすいことも事実です。
乳頭縮小
大きな乳頭を小さくキレイに整える手術です。大きさや高さを細かく調整します。手術跡の心配がなく自然な仕上がりです。
乳輪縮小
大きな乳輪を理想的な形に整える手術です。広さを細かく調整します。手術跡の心配がなく自然な仕上がりです。

12月の診療日

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※赤の部分が休診です。

1月の診療日

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

※赤の部分が休診です。

メールフォーム

◆ 予約フォームからはご利用される3日前までのご予約申込みが可能です。
◆ パソコンからのメールが受信できない設定になっている場合がございます。「メールの受信/拒否設定」が設定してある場合は、指定した宛先からしかメールが受信できない場合があります。その場合は下記の手順で「tor-cl.jp」からのメールが受信できるように設定をしてください。




* 必須項目