的確な診断と治療計画が必要です

肝斑治療は「注意」が必要です。治療法を間違うと悪化する可能性があり当院にも多くの相談が寄せられています。「機器は確かなものを」「内部治療とのコンビネーションを」この2点に注意してクリニックを選びましょう。肝斑(かんぱん)とは、30~40代の女性に多く発生します。顔の中心から左右対称に、額、口まわりなどに出現するシミですが、一般的なシミとは原因も治療法も全く違います。また、はっきりした原因は医学的にも明らかにされていませんが、女性ホルモンの分泌と深い関係があると言われます。夏から秋口にかけて紫外線の影響を受けるとさらに悪化します。肝斑(かんぱん)は経験豊富な医師でも一般的なしみと見分けることが難しく、治療は注意深く行うことが必要です。また、ホルモンが原因ということから、表面の色素だけを除去してもすぐに復活してしまうことが多くあり、肌の深層や内部からの改善も同時に行わなければ原因から退治することは出来ません。この治療を行わずに何度も機器を照射し続けてしまうと、色が濃くなる、白いシミになって残る、などの別のトラブルを引き起こすこともあります。肝斑(かんぱん)かもしれないと思ったら必ず安易な治療を行わずにセカンドオピニオンとして当院のカウンセリングをご活用ください。

こんな方にオススメです

シミが左右対称にできている
頬骨の上、目の下に左右対称にシミがある
シミの輪郭がぼやけている
日によってシミの濃さが変わることがある
30~40代になって急にシミが増えた
紫外線によるシミ対策をしているのに効果がない

当院の肝斑治療の特徴

肝斑治療は近年、治療法が広まったところから気軽に受けられるものになりました。一方で安易な治療や誤った対処法により副作用に悩まされている方も多く、この治療の難しさを物語っています。当院ではひとつの治療法にこだわることなく、スタンダードな治療法に複数のやり方を組み合わせ、経過を見ながら的確に根治する方法を取っています。使用する機器は肝斑治療の世界的なスタンダードであるmedlite社製を使用。光エネルギーでは行えない専用の特殊なレーザートーニング治療機器です。肝斑以外に、炎症後色素沈着、肌や毛穴のひきしめ。美肌づくりが同時に望めます。しかしトーニング治療だけでは根治することは難しく、当院では導入治療や内服など内と外からの総合的な治療を心がけています。

レーザートーニング
世界的なスタンダード機medlite社製を使用しています。
トラネキサム酸導入
高い抗炎症作用を持つ薬剤で、美白治療に非常によく使用されます。
イオン導入
一般的な治療法ですが、薬剤として何を使用するかによって効果が大きく変わってきます。当院ではクライオセルという最新機種を使用しています。
ハイドロキノン
メラニンを合成する酵素(チロシナーゼ)を弱らせ、メラノサイトの働きを抑えて、メラニンの数を少なくします。
トレチノイン
表皮の細胞を活発に増殖させ、表皮の細胞をどんどん押し上げ、メラニン色素を外に出してしまう働きを持っています。

10月の診療日

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

※赤の部分が休診です。

11月の診療日

1234※
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

※赤の部分が休診です。4日は14時までとなります。
17・18日は秋季休暇となります。

メールフォーム

◆ 予約フォームからはご利用される3日前までのご予約申込みが可能です。
◆ パソコンからのメールが受信できない設定になっている場合がございます。「メールの受信/拒否設定」が設定してある場合は、指定した宛先からしかメールが受信できない場合があります。その場合は下記の手順で「tor-cl.jp」からのメールが受信できるように設定をしてください。




* 必須項目