肝斑

Medical Content

的確な診断と治療計画が必要です

肝斑治療は「注意」が必要です。治療法を間違うと悪化する可能性があり当院にも多くの相談が寄せられています。「機器は確かなものを」「内部治療とのコンビネーションを」この2点に注意してクリニックを選びましょう。肝斑(かんぱん)とは、30~40代の女性に多く発生します。顔の中心から左右対称に、額、口まわりなどに出現するシミですが、一般的なシミとは原因も治療法も全く違います。また、はっきりした原因は医学的にも明らかにされていませんが、女性ホルモンの分泌と深い関係があると言われます。夏から秋口にかけて紫外線の影響を受けるとさらに悪化します。肝斑(かんぱん)は経験豊富な医師でも一般的なしみと見分けることが難しく、治療は注意深く行うことが必要です。また、ホルモンが原因ということから、表面の色素だけを除去してもすぐに復活してしまうことが多くあり、肌の深層や内部からの改善も同時に行わなければ原因から退治することは出来ません。この治療を行わずに何度も機器を照射し続けてしまうと、色が濃くなる、白いシミになって残る、などの別のトラブルを引き起こすこともあります。肝斑(かんぱん)かもしれないと思ったら必ず安易な治療を行わずにセカンドオピニオンとして当院のカウンセリングをご活用ください。

こんな方にオススメです

  • シミが左右対称にできている
  • 頬骨の上、目の下に左右対称にシミがある
  • シミの輪郭がぼやけている
  • 日によってシミの濃さが変わることがある
  • 30~40代になって急にシミが増えた
  • 紫外線によるシミ対策をしているのに効果がない

当院の肝斑治療の特長

肝斑治療は近年、治療法が広まったところから気軽に受けられるものになりました。一方で安易な治療や誤った対処法により副作用に悩まされている方も多く、この治療の難しさを物語っています。当院ではひとつの治療法にこだわることなく、スタンダードな治療法に複数のやり方を組み合わせ、経過を見ながら的確に根治する方法を取っています。使用する機器は肝斑治療の世界的なスタンダードであるmedlite社製を使用。光エネルギーでは行えない専用の特殊なレーザートーニング治療機器です。肝斑以外に、炎症後色素沈着、肌や毛穴のひきしめ。美肌づくりが同時に望めます。しかしトーニング治療だけでは根治することは難しく、当院では導入治療や内服など内と外からの総合的な治療を心がけています。

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ

お知らせ

  • 2018年9月29日
    臨時休診のお知らせ
    9月30日(日)は台風接近の為、臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
  • 2018年7月6日
    臨時休診のお知らせ
    7月7日(土)は臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

LINE

神戸・三宮 トアロード形成美容クリニック 公式 LINE@

お得な情報やイベント・キャンペーンなどの最新情報をお届けしていきます。LINE@のお友だち限定の情報も配信。今すぐに友だちに追加して下さいね。
ID: @hdd4286v

LINE QRコード
友だち追加数

9月の診療日

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

※赤の部分が休診です。

10月の診療日

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

※赤の部分が休診です。

WEB予約