そもそも肝斑って何?自分の顔にあるのは肝斑?という方へ

肝斑(かんぱん)という言葉はご存知の方は多いと思いますが、顔のシミの中でどんなシミのことを肝斑というのかまではあまり知られていないと言いますか、諸説入り乱れているようなイメージがあります。 肝斑とは顔の中でもほほの辺りに左右対称で表れるシミのことで、他のシミと比べると目の下に広がるように出てくるため、どうしても顔の印象が暗くなったり年齢を感じさせるところが厄介です。

一口に肝斑と言っても、その形状や広さによっていくつかの種類があります。ほほ骨に沿ってこめかみの辺りまで広がるものや、こめかみの付近だけに出るもの、その他には額にもシミが出るものもあります。色々と種類はあるものの、これらはすべて肝斑の一種です。 シミというと「ここにシミがある」という具合にはっきりと輪郭が分かる場合も多いのですが、肝斑は全体的にモヤっと広がるように出てくる場合が多く、最初のうちは肝斑が出てきていることに気づかない方も多くおられます。

顔に肝斑が現れる原因については、実はあまり分かっていません。40歳を超えると加齢で肝斑が出やすくなるということもありますが、それは他のシミと同じです。妊娠やピル(経口避妊薬)の影響によって現れることもあるため、女性ホルモンの働きとも深い関わりがあるとされています。エステで顔のマッサージを受けている方は多いと思いますが、物理的な刺激が過度になると肝斑の原因になるとも言われています。

このように、分かったようで分からない存在である肝斑ですが、医学的にはこれを治療する方法があります。当院でもYAGレーザーという治療機器を使ってレーザートーニングという治療を行っています。まず大切なのは、ご自身の顔にあるシミが肝斑なのかどうかという意識を持つことです。というのも、受診に訪れる多くの方がご自身に肝斑が出ているという意識をお持ちではなく、シミが多くなってきたことが気になるという入り口から肝斑のことを知るというケースが多いように感じます。 シミとの違いが分かりにくいのですが、周囲の人に「顔をどこかにぶつけた?」というようにアザに見えたり、「体調悪い?」といったように顔色が悪いと言われた方が、診察をすると肝斑だったという事例が多いため、そのような心当たりがある方は肝斑を疑ってみてください。 先ほども述べましたが、肝斑は医療の力で改善することができます。顔の印象が明るくなった、メイクの乗りが良くなったというお声をいただくことが多いので、悩みを抱えたままでいるよりも具体的な一歩を踏み出すことを強くオススメします。

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ

お知らせ

  • 2018年9月29日
    臨時休診のお知らせ
    9月30日(日)は台風接近の為、臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
  • 2018年7月6日
    臨時休診のお知らせ
    7月7日(土)は臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

LINE

神戸トアロード形成美容クリニック 公式LINE@

お得な情報やイベント・キャンペーンなどの最新情報をお届けしていきます。LINE@のお友だち限定の情報も配信。今すぐに友だちに追加して下さいね。
ID: @hdd4286v

LINE QRコード
友だち追加数

5月の診療日 ※赤の部分が休診

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

6月の診療日 ※赤の部分が休診

1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30

電話受付時間10時〜19時(水曜日は10時〜17時)

WEB予約