刺青除去治療の「痛み」ってどれくらい?切除法では?レーザー治療では?

刺青除去の治療を受けようとお考えの方にとって、大きな不安材料は2つです。1つは費用の問題で、もう1つは痛みの問題です。自由診療なので費用が高いのではないかという不安を持つのはほぼ全ての人に共通することだと思いますが、もう1つの痛みについては気になるという人と、そうでない人がいるように感じられます。 実際のところ、刺青除去治療に伴う痛みとはどんなものでしょうか。このセンシティブな問題について、医師の立場でお話しをしたいと思います。

結論から述べると、刺青を除去する際の治療で全く痛みを伴わないということはあり得ません。皮膚に何らかの治療をするのですから、それに伴う痛みは程度の差はあれどもゼロではないことを念頭に置いておいてください。 ただし、治療に痛みは付き物という認識は医療機関も十分承知しているので、いかにしてその痛みを和らげるかというところにも治療技術の差が出てくると思います。

まずは、レーザー治療の痛みについて。 痛みというのは主観の問題なので、同じ痛みを伴ってもあまり何とも思わないという人がいれば、その反対にちょっとした痛みでも痛く感じるという人もいます。 一般論としてレーザー治療の痛みは、「バチッ」と弾くような感覚です。刺青治療だけでなくシミやくすみを取るためのレーザー治療でも全く同じことで、皮膚の中にある色素にレーザーが反応した時に感じる痛みです。人によっては「ゴムでパチンと弾くような感じ」と表現する人もいますが、これに近いかも知れません。また、術後は火傷をしたような状態になるので、ヒリヒリとした感覚がしばらく残ります。 医療機関としてはこの痛みを和らげるために、レーザーを照射する時間をいかに短くするか、小刻みにするかという工夫がなされています。当院ではQスイッチというシャッター機能を使ってレーザーを一瞬だけ照射して切ることを繰り返し、レーザーが照射されっ放しにならないようにしています。

もう1つの有名な治療法である、切除法はどうでしょうか。切除法は刺青がある部分の皮膚を切除する治療法なのでメスを入れることによる痛みを想像する方が多いのですが、手術時には麻酔をしているので直接の痛みはありません。 麻酔が切れた後で傷口が痛むことはありますが、すでに治療を終えているので新たな痛みが生じることはありません。

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ

お知らせ

  • 2018年9月29日
    臨時休診のお知らせ
    9月30日(日)は台風接近の為、臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
  • 2018年7月6日
    臨時休診のお知らせ
    7月7日(土)は臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

LINE

神戸トアロード形成美容クリニック 公式LINE@

お得な情報やイベント・キャンペーンなどの最新情報をお届けしていきます。LINE@のお友だち限定の情報も配信。今すぐに友だちに追加して下さいね。
ID: @hdd4286v

LINE QRコード
友だち追加数

1月の診療日

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

※赤の部分が休診です。

電話受付時間10時~19時(水曜日は10時~17時)

2月の診療日

12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728

※赤の部分が休診です。

WEB予約