切除、レーザー、植皮、剥削…一番結果が出る刺青除去法を見つけるには?

切除法やレーザー治療、剥削法、植皮法…刺青を除去する治療法には主にこの4つがあります。これだけあると、自分の刺青を消すにはどれが最適なのかを自分で決めるのが難しくなってきます。しかし、治療法によっては治療費が高額になることもあるため、費用面も含めてシビアに選択したいところです。 実際のところ、どの治療法が良いのでしょうか?

結論から申し上げますと、「切除可能な刺青であれば、切除法で取り除くべき」というのが当院の見解です。大きさにもよりますが、切除法だと一度の治療で確実に取り除くことができるので、急いでいる方や中途半端に刺青が残ってしまっては困るという人に適しています。 実際に刺青除去が行われている現場では刺青を消したいという人たちの色々な事情と接することができますが、その中でも多いのが「早く消したい」という要望です。結婚式を控えている人など、指定の期日までに刺青を消してしまわないと困ると言う事情を抱えている人にとって、切除法は早く確実に刺青を消すことができるので有効な治療法です。 切除法で消すことができない刺青は、それ以外の方法で消すことを模索するのが正しい順序である考えています。

切除法以外の治療法と比べると、それぞれの治療法には一長一短があって、それぞれが相反する関係にあります。例えばレーザー治療だとメスを入れないので傷痕が残ることはありませんが、切除法は傷痕こそ残るもののレーザー治療のように何度も通院する必要がありません。また、レーザー治療は火傷をする痛みを伴いますが、切除法は局所麻酔をするので痛みを感じることはないといった具合です。 それぞれの治療法が一長一短であることから、費用や痛み、適した刺青のパターンなどで治療法を選ぶのが妥当ですが、大切なのはプロセス(治療中のこと)ではなく結果です。「刺青を消したい」という思いはどの患者さんにも共通していることなので、最終的にはどの治療法が一番効果を出せるのかというところが決め手となります。

最も良い結果を出すために治療法を選ぶ際に、もうひとつ大切なのは患者さん自身の意向です。もちろん医師は提案やアドバイスはしますが、最終的にどの治療法を選択するかを決めるのは患者さん自身です。刺青除去という治療を成功させるには患者さんと医師の信頼関係が欠かせませんが、医師が治療法を無理強いしているようでは信頼関係を築くのが難しくより高い結果を出すための妨げになります。 当院でも最優先しているのは、患者さんの意向です。治療の結果を良いものにするに欠かせないことだからです。 とことん患者さんの話に耳を傾けて意思を尊重してくれるのが、本当に信頼できる医療機関です。刺青を消すという目的を達成するため、信頼できる医療機関選びから始めてみてください。

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ

お知らせ

  • 2018年9月29日
    臨時休診のお知らせ
    9月30日(日)は台風接近の為、臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
  • 2018年7月6日
    臨時休診のお知らせ
    7月7日(土)は臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

LINE

神戸トアロード形成美容クリニック 公式LINE@

お得な情報やイベント・キャンペーンなどの最新情報をお届けしていきます。LINE@のお友だち限定の情報も配信。今すぐに友だちに追加して下さいね。
ID: @hdd4286v

LINE QRコード
友だち追加数

2月の診療日

12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728

※赤の部分が休診です。

電話受付時間10時〜19時(水曜日は10時〜17時)

3月の診療日

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※赤の部分が休診です。

電話受付時間10時~19時(水曜日は10時~17時)

WEB予約