切除法vs皮膚剥削法vsレーザー治療、刺青除去の治療法を比較してみると

軽い気持ちで入れてしまった刺青(タトゥー)を消したいという方の数は増え続けていますが、一口に「刺青を消したい」といってもその目的はさまざまです。そんなさまざまな目的に応じて刺青を消すためには、いくつかの治療法があります。 刺青の除去術として代表的なものとしては、切除法、皮膚剥削法、そしてレーザー治療があります。いずれも医療機関で行われている治療法ですが、それぞれの医療機関では目的に応じて最適な治療法が提案されています。 それぞれの治療法が持つ特徴とメリット&デメリットについて、この3大治療法を実際に行っている当院として、その特徴をご紹介します。

刺青が入っている皮膚を除去して、その両側にある皮膚を伸ばしてつなぎ合わせる治療法が、切除法です。刺青が入っている皮膚そのものを取り除くため効果は高く、それほど大きな刺青でなければ(部分タトゥー程度)、一度の切除で治療が完了します。 刺青の除去は皮膚の中のどの程度の深さに色素があるかが治療の結果を左右しがちなのですが、切除法だと深い部分も含めて刺青のある皮膚を取り除くので、その意味でも確実性が高いのがメリットです。 ただし、想像していただくとお分かりになると思いますが、あまり大きな刺青だと両側から皮膚を伸ばしてくるのにも無理が生じるので、ある程度大きさには制約があることを留意しておく必要があります。また、一度切開をしてつなぎ合わせるので、その切開をした部分に痕が残ります。分かりにくくすることはできても完全に消すことはできないというのも押さえておくべきポイントです。

先ほどの切除法は刺青のある皮膚を取り除く治療法でしたが、それともうひとつ似た考え方で行われるのが皮膚の表面を刺青ごと取り除く皮膚剥削法です。剥削というのはアブレージョンとも呼ばれ、皮膚の表面を削り取るように除去して刺青を皮膚ごと取り除きます。 切除法と同じく、「刺青のある皮膚ごと取り除く」という直接的な治療法なので確実性が高く、多くのケースでは一度の治療で完了します。仕上がりについても刺青ごと皮膚を削り取るので効果は高いですが、皮膚の表面を削り取ることは傷をつけることでもあるので、その痕が残ります。痛みについては局所麻酔をするので不安を持つ必要はありませんが、皮膚に傷をつけることは確かなのであらかじめどこをどれくらい削り取るのかという説明をしっかりと受けた上で治療を受けることをおすすめします。

切除法と皮膚剥削法はいずれも物理的に刺青を取り除く治療法ですが、レーザー治療は皮膚にメスを入れることなく刺青を消す治療法です。直接的ではない分だけ一度の治療で確実に消すというわけにはいかないのですが、切開痕が残らないという大きなメリットがあります。 切除法や皮膚剥削法だと治療は一度で終わりますが、レーザーの場合は少なくとも3~5回程度通院をする必要があります。それだけ少しずつ治療をしていくので体への影響は少なく、日常生活への影響も少ないのが魅力です。 また、レーザー治療にはもうひとつ大きなメリットがあります。それは皮膚を切除しないので、広範囲にわたる刺青であっても消すことができることです。少しずつ治療をするので時間はかかりますが、刺青の範囲が広い場合は実質上他の選択肢がないほどレーザー治療は有効です。

このように刺青を消す方法にも種類があるので、消したい刺青の大きさや状態、目的に応じて最適な治療法を選びましょう。多くの医療機関では最初にその話し合いの場を設けているので、その時に分からないことは何でも質問してみて、丁寧に答えてくれるかどうかでお医者さん選びをするのも良いと思います。

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ

お知らせ

  • 2018年9月29日
    臨時休診のお知らせ
    9月30日(日)は台風接近の為、臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
  • 2018年7月6日
    臨時休診のお知らせ
    7月7日(土)は臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

LINE

神戸トアロード形成美容クリニック 公式LINE@

お得な情報やイベント・キャンペーンなどの最新情報をお届けしていきます。LINE@のお友だち限定の情報も配信。今すぐに友だちに追加して下さいね。
ID: @hdd4286v

LINE QRコード
友だち追加数

8月の診療日 ※赤の部分が休診

123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

9月の診療日 ※赤の部分が休診

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

10月の診療日 ※赤の部分が休診

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

電話受付時間10時〜19時(水曜日は10時〜17時)

WEB予約