やっぱり刺青を消すためのレーザーって痛い?その真実とは

刺青を消すための治療法としてレーザー治療が普及してずいぶんの年月が経っています。その間に設備としてのレーザー治療器も進化しており、以前とはレーザー治療に対するイメージもずいぶん変わりました。 そのせいもあってか、レーザー治療をとてもカジュアルなものと考える風潮があるように感じられます。「レーザーを当てれば、いつでも刺青を消せる」と思っている人がとても多いのも、レーザー治療が進化したゆえのことだと思いますが、多くの人が期待しているレーザー治療と、実情には大きな隔たりがあります。 その隔たりについて解説をして、真実をお伝えしたいと思います。

痛みとは主観的なものなので、多少の痛みであれば我慢できる人と我慢できない人がいます。そのレベルであれば主観の違いによって「痛くない」と感じる人がいてもおかしくはないのですが、皮膚の深くに入っているインクにレーザーを照射して焼く際に感じる痛みは主観の差を超えて誰もが痛みを感じるレベルであると言って良いでしょう。。 レーザーは兵器にも使われるほどの威力を持っています。それを皮膚に直接当てるのですからインクにも効き目がある一方で皮膚にもダメージを与えてしまいます。これはシミやくすみを治療するために行われるレーザー治療でも同じですが、刺青の場合は故意に皮膚深くに入れたインクなので、その治療にはより強力なレーザー照射が必要になり、痛みはその分大きくなってしまいます。 これまでに多くの患者さんがレーザー治療を受けられた中で、痛みのせいで治療を途中で断念したりということはほとんどないので、痛みに対して必要以上に不安を抱くことはないと思いますが、「全く痛くない」「痛くない」という宣伝文句は嘘であると断言して良いでしょう。

では、レーザー治療にはどんな痛みが伴うのでしょうか。レーザーを当てると熱を発するので、バチッと輪ゴムのようなもので弾かれたような感覚になります。刺青のある場所だけにレーザーを照射するので、それが同じような場所で続くイメージです。 もっとも、刺青を入れた人というのは刺青を入れる際の針を刺した痛みを覚えているはずなので、そこまでの痛みではないという話も聞かれます。 もう1つの痛みは、術後に感じる火傷特有のヒリヒリした痛みです。火傷をしたことがある方であればイメージしやすいと思いますが、あの「皮膚の中がむき出しになっているようなヒリヒリ感」です。

医療機関も多くの治療を行ってきている中で、痛みを軽減する対策に力を入れています。レーザーを照射する時間をごく短い時間にすることや照射部分を冷却するなど、痛みの緩和についても進化しているので医療機関を受診される際にはその点も確認しておくと治療の不安を取り除くことができます。

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ

お知らせ

  • 2018年9月29日
    臨時休診のお知らせ
    9月30日(日)は台風接近の為、臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
  • 2018年7月6日
    臨時休診のお知らせ
    7月7日(土)は臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

LINE

神戸トアロード形成美容クリニック 公式LINE@

お得な情報やイベント・キャンペーンなどの最新情報をお届けしていきます。LINE@のお友だち限定の情報も配信。今すぐに友だちに追加して下さいね。
ID: @hdd4286v

LINE QRコード
友だち追加数

1月の診療日

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

※赤の部分が休診です。

電話受付時間10時~19時(水曜日は10時~17時)

2月の診療日

12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728

※赤の部分が休診です。

WEB予約