刺青を隠すファンデーションやシールってどうなの?

温泉や銭湯、プールなど肌を露出する場所では刺青が入っていることを理由に入場を断られることが多くなりました。それ以外にもフォーマルな席に出かける際にドレスから刺青が見えてしまうと都合が悪い場合などもあります。 刺青を除去するとなると本格的な治療が必要になるので、ひとまず応急的に刺青が目立たないようにしたいという方のために売られているのが、刺青を隠す各種グッズです。 刺青の除去とは考え方が異なるものではありますが、これってどうなの?という疑問にお答えしたいと思います。

ファンデーションは基礎化粧品なので、そもそも顔のシミやくすみを隠す目的もあります。肌のシミなどを隠すことができるのであれば、同じように刺青を隠すこともできるという考え方です。 顔に使うファンデーションは化粧が目的なのですが、もっと広範囲に塗って肌色にすることができるボディ用ファンデーションがあります。チューブ式になっていて、刺青が入っているところに塗ると上から強い肌色を着色できるので刺青が目立たなくなります。 多くのボディ用ファンデーションは水にも強いので、プールなどに入っても落ちないように作られています。 ただし、温泉や銭湯は体を洗うことが目的でもあるので、ファンデーションをつけていても洗えば落ちてしまい、刺青が見えてしまいます。

少々使い方が雑な印象もありますが、ファンデーションをスプレーで吹き付けるタイプのものも売られています。刺青が広範囲に及んでいる場合はシューっと吹き付けるだけで刺青が目立たなくなるので使い勝手は良さそうですが、根本的にはボディ用ファンデーションと同じなので、洗い流すような場所で使ってもあまり意味はありません。

ファンデーションよりも手軽ということで多くの人が利用しているのが、刺青を隠すシールです。「タトゥー隠しシール」というカテゴリーで多くの商品が売られているので、需要の高さが窺えます。 スポーツジムなどでも刺青がある人はプールに入れない制約を設けているところは多いですが、「シールで隠せばOK」ということで、ジム側が刺青を隠すためのシールを提供しているところもあります。 背中の刺青だと自分でシールを貼るのが難しいことや、やはりシールなのではがれてしまうと刺青が丸見えになるのがネックです。

ここまでファンデーションとシールで刺青を隠す方法について述べてきましたが、どれも応急処置であることは否めません。それはもちろんファンデーションやシールはそれがなくなったらまた刺青が見えるという意味ですが、それ以外にもあまり質の良くないファンデーションを広範囲に塗ることで別の肌トラブルが発生するリスクもあるので、根本的な解決にはなりません。

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ

お知らせ

  • 2018年9月29日
    臨時休診のお知らせ
    9月30日(日)は台風接近の為、臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
  • 2018年7月6日
    臨時休診のお知らせ
    7月7日(土)は臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

LINE

神戸トアロード形成美容クリニック 公式LINE@

お得な情報やイベント・キャンペーンなどの最新情報をお届けしていきます。LINE@のお友だち限定の情報も配信。今すぐに友だちに追加して下さいね。
ID: @hdd4286v

LINE QRコード
友だち追加数

1月の診療日

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

※赤の部分が休診です。

電話受付時間10時~19時(水曜日は10時~17時)

2月の診療日

12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728

※赤の部分が休診です。

WEB予約