絶対にNG!自分で刺青を消す各種方法の恐ろしさ

刺青を消したいと思った人が真っ先に考えることは、「自分で何とか消せないか」ということだと思います。これをセルフメディケーションと言って良いのかどうかは分かりませんが、自分で解決することができれば安上がりですし、誰にも知られることなく刺青を無かったことにできそうです。 そんな人が検討するのが、「自分で刺青を消す方法」です。セルフタトゥー除去と呼ばれることもありますが、ネット上にはいくつかの方法が当たり前のように解説されているので、これだけを見ると自分で簡単に消せそうな気がしてきます。 医師の立場として、そんな刺青の除去法はいずれも危険であると言わざるを得ません。今回はその危険性についてお伝えします。

ネット上に散見される刺青除去法の中で多いのが、「タバコの火」と「薬品」です。もっと荒っぽいものになると、「カッターナイフで皮膚を削る」というものまであります。確かに医療機関でも切除法など刺青のある皮膚を切り取る治療法がありますが、それとこれとは違うような・・・。 タバコの火を使う方法とは、刺青のある部分にタバコの火を押し当てて刺青を皮膚ごと焼いてしまうという方法です。かつて不良少年の間で「根性焼き」というリンチがありましたが、それを刺青除去に使うという恐ろしい考え方です。 次に「薬品」というのは海外から通販などで購入できる「刺青を除去できる薬品」を皮膚に塗って消すというものです。強い美白効果を持った成分を含む薬品であることが多く、美白効果=刺青除去という考え方です。 どれもかなり荒っぽい方法のように感じますね。

これらの方法はどれも危険で、効果に対する根拠もありません。皮膚を焼いたからといって色素が消えるわけではなく、たばこの火を押し当てても火傷が残るだけです。 薬品の美白効果で刺青を消す方法についても、刺青の色素は皮膚の奥深くに沈着しているので、表面に薬品を塗ったところで効果は期待できません。しかもそれだけの刺激がある薬品が万が一目に入ったりしたら失明の原因になるので、色々な意味でリスクが高すぎます。 刺青ごと皮膚を削り取る方法についてはもはや言うまでもないですが、刺青が入っている部分まで削り取ろうと思うとかなり深くまでナイフを入れなければなりません。衛生状態が決して良いとは言えない荒療治で雑菌がその傷口から入ることによって、重大な事態を招く恐れもあります。 やはり、どの方法もリスクとデメリットしかありません。 百歩譲ってそれらの方法に一定の効果や根拠があるとしても、同じことをするのであれば医療機関の衛生環境でないと危険がとても多く、絶対にやってはいけません。

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ

お知らせ

  • 2018年9月29日
    臨時休診のお知らせ
    9月30日(日)は台風接近の為、臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
  • 2018年7月6日
    臨時休診のお知らせ
    7月7日(土)は臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

LINE

神戸トアロード形成美容クリニック 公式LINE@

お得な情報やイベント・キャンペーンなどの最新情報をお届けしていきます。LINE@のお友だち限定の情報も配信。今すぐに友だちに追加して下さいね。
ID: @hdd4286v

LINE QRコード
友だち追加数

3月の診療日

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※赤の部分が休診です。

電話受付時間10時~19時(水曜日は10時~17時)

4月の診療日

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

※赤の部分が休診です。

電話受付時間10時〜19時(水曜日は10時〜17時)

WEB予約