刺青除去治療は、心の治療でもある

自分自身が刺青を入れたことがない人だとイメージしにくい話ですが、一旦は自分の意志で刺青を入れた人が、後になってやっぱり消したいとなった時に検討するのが刺青除去治療です。 シンプルに考えると、同一人物にここまで大きな心境の変化が訪れていることになります。そこには一体何があったのかはかは本人のみぞ知るところですが、刺青除去治療を実際に行っている当事者にとっては、それも大きなウェイトを占める場合があります。

刺青を消したいと思う人の心境は理解しやすいという人が多いと思いますが、逆に刺青を入れたいと思う人の心境はなかなか推し量るのが難しいものです。刺青を入れる時は針を刺すので当然ながら痛いですし、面積によっては相当なお金もかかります。しかも、そこまでして入れた刺青は一生消えることがなく運命共同体として生きていくことになります。 そこまでするのには、よほど何かあったの?と思う人が多いのも、無理もありません。 実際のところ、刺青を入れる人の心境はどんなものかと言いますと、そのほとんどが勢いやその場の気分、雰囲気といったもので意外にも軽い理由です。もっとも、これは刺青を消したいということで当院に来られる方々だけの声なので、刺青と一生添い遂げる覚悟で消すつもりもないという人がどう考えているかは、分からない部分もあります。 勢いで入れてしまった刺青は、その気分が元に戻った時に必ず後悔となります。「その場の勢いで大変なことをしてしまった・・・」という心境はやがて、「この刺青、消せないだろうか?」となるわけです。

このように、刺青を入れた時と消したいと思う時の心境には大きな違いがあります。中にはドラッグの影響で刺青を入れたという人もいるそうですが、その人がドラッグの呪縛から解放されると、やはり「大変なことをしてしまった」という後悔の念にかられることでしょう。 こうした事情を踏まえて、当院では事前のカウンセリングにかなりの時間と手間をかけています。刺青を除去するための治療にもある程度は決心が必要なので、カウンセリングを通じて心のケアをしながら治療の意思を確認していく必要があるので、刺青除去治療は心の治療でもあると感じています。 入れてしまった刺青のことをあれこれ悩んでも、勝手に消えてはくれません。まずは話を聞いてもらおうという気持ちでクリニックに受診してみるだけでも、心のケアになればいいと思います。

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ

お知らせ

  • 2018年9月29日
    臨時休診のお知らせ
    9月30日(日)は台風接近の為、臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
  • 2018年7月6日
    臨時休診のお知らせ
    7月7日(土)は臨時休診となります。皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

LINE

神戸トアロード形成美容クリニック 公式LINE@

お得な情報やイベント・キャンペーンなどの最新情報をお届けしていきます。LINE@のお友だち限定の情報も配信。今すぐに友だちに追加して下さいね。
ID: @hdd4286v

LINE QRコード
友だち追加数

3月の診療日

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※赤の部分が休診です。

電話受付時間10時~19時(水曜日は10時~17時)

4月の診療日

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930

※赤の部分が休診です。

電話受付時間10時〜19時(水曜日は10時〜17時)

WEB予約