「自分で二重」はどこまで可能?多くの人がお持ちの誤解について

一重まぶたを二重にしたいとお考えの方の中には、それを自力でできないかということで様々な方法にトライしたことがあるという方も多いと思います。よく言われる「アイプチ」も、二重まぶたを作るためのグッズとして有名です。それ以外にも自力で二重まぶたを作る方法として知られているのが、「まぶたのトレーニング」です。目の周りには、眼輪筋という筋肉があります。この筋肉はまぶたの形状にも影響を与えているため、これをトレーニングで鍛えると一重のまぶたが二重になるという「説」があります。方法についてはネットなどで解説している記事も多いので割愛しますが、医師の見解としては医学的根拠がないトレーニングであるという言わざるを得ません。その理由を解説します。そもそもまぶたが一重なのか二重なのかという分かれ目は、遺伝による影響を強く受けています。上眼瞼挙筋という上まぶたにある筋肉がどのような形になっているかによって一重か二重かが変わります。まぶたの中にある芯のような部分である瞼板と上眼瞼挙筋が接している関わり方について、それが1ヶ所であれば一重、2ヶ所であれば二重になるとされています。ここに登場したのは瞼板と上眼瞼挙筋であり、眼輪筋ではありません。上記の理由から、先天的な一重まぶたの場合はトレーニングやマッサージをしたとしても、あまり効果は期待できないでしょう。ただし、一重まぶたになっている原因によっては、トレーニングやマッサージが効果を発揮するかも知れません。その場合とは、先天的な一重まぶたではなく本来は二重まぶたなのにむくみや急に太ったなどといった原因によってまぶたが膨らんでしまい、それゆえに一重になってしまっている場合です。まぶたが本来の形であれば二重になるのですから、まぶたが膨らんでいる原因を取り除けば本来の姿になります。疲れや睡眠不足によってまぶたがむくんでいる、または暴飲暴食などの生活習慣によって急に太ってしまったことによって目の印象が変わってしまっているという方は、試してみる価値があると思います。先天的な一重まぶたを二重にするには、やはり医療の力を利用するのが最も安全で確実です。当院では埋没法といってメスで切ることなく二重まぶたにすることができる手軽な方法から、切開による方法など状態やご要望に合わせた治療法をご用意しています。もちろん医療機関として最も効果を実感していただける方法をご提案していますので、長年のお悩みを根本的に解決してみませんか?

最近のコラム

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ

お知らせ

LINE

神戸トアロード形成美容クリニック 公式LINE@

お得な情報やイベント・キャンペーンなどの最新情報をお届けしていきます。LINE@のお友だち限定の情報も配信。今すぐに友だちに追加して下さいね。
ID: @hdd4286v

LINE QRコード
友だち追加数

11月の診療日 ※赤の部分が休診

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

12月の診療日 ※赤の部分が休診

12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031

1月の診療日 ※赤の部分が休診

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

電話受付時間10時〜19時(水曜日は10時〜17時)

WEB予約