下眼瞼たるみ

Medical Content

下眼瞼たるみ取り手術の特徴

加齢に伴い、目の周囲にある眼輪筋が徐々に弛緩し、たるみを生じてきます。たるみが生じると眼窩脂肪が突出するだけでなく、表面皮膚に段差ができ、くぼみとなったりシワとなって老化(老けた印象)をさらに悪化させてしまいます。下眼瞼たるみ取り手術は、たるみの原因となる皮膚や脂肪を取り除くことで、目元の若返りが得られる手術です。

こんな方におすすめ

  • 目の下のたるみが目立つ方
  • 目の下のくまが目立つ方
  • 老けた印象、疲れた印象に見られてしまう
  • 目元を若々しくしたい

当院施術の特長

下眼瞼たるみ、希望ライン、結び目

当院の下眼瞼たるみ取り手術は、下まつ毛の少し下を切開し、余剰なタルミ(皮膚)と脂肪を丁寧に取り除いていきます。プチ整形としてヒアルロン酸などを注入して一時的な若返りを希望される方も少なくありませんが、やはり伸びきってしまった皮膚は切開以外に方法がありません。一時的なダウンタイムは生じますが、下眼瞼たるみ取り手術は、傷も目立たず目元全体の若返りができるので、非常に満足度の高い治療法となっています。

施術の流れ

①カウンセリング

まず、お顔のバランスや上まぶたの診察をします。その上でそれぞれの手術の特徴・メリット・デメリットをご説明します。そして患者様の希望を配慮しながらもっとも適した手術のご案内をします。その後シミュレーションスティックで様々に位置を変えて、シミュレーションを行います。

②手術

お客様のご要望にあわせた施術法、デザインで手術を行います。

施術概要

施術時間90分
術後の通院抜糸(5~7日)
術後の腫れ3~7日(個人差あり)
麻酔局所麻酔
カウンセリング当日の治療可能
シャワー当日より可能
メイクアイメイクは抜糸より可能
その他のメイクは施術直後から可能

よくある質問

手術の傷跡はどこにつきますか?目立ちますか?

皮膚や筋肉のたるみがある合は下まつ毛生え際ギリギリを切開し、細かく丁寧に縫合します。抜糸後赤味がありますが、十分お化粧でカバーできます。最終的に3~6ヶ月でほとんど分からなくなります。

ダウンタイムはどれくらいですか?

下瞼は、上瞼よりも腫れが少ない部位です。術後5~7日目程度で抜糸、1週間程むくんだような状態になります。

料金表

施術内容料金
下眼瞼たるみ280,000円
+脱脂上記+100,000円
診察料:1,500円(30分) ※すべて税別価格、表記がないものは全て自由診療

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ

お知らせ

LINE

神戸トアロード形成美容クリニック 公式LINE@

お得な情報やイベント・キャンペーンなどの最新情報をお届けしていきます。LINE@のお友だち限定の情報も配信。今すぐに友だちに追加して下さいね。
ID: @hdd4286v

LINE QRコード
友だち追加数

11月の診療日 ※赤の部分が休診

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

12月の診療日 ※赤の部分が休診

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

1月の診療日 ※赤の部分が休診

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

電話受付時間10時〜19時(水曜日は10時〜17時)

WEB予約