眼瞼下垂

Medical Content

眼瞼下垂の特徴

眼瞼下垂とは、上まぶたが垂れ下がることで、目がしっかりと開きづらくなってしまっている症状のことを指します。眼瞼下垂の症状があると、なかなか目を開くことができない、いつも眠たそうな印象や目つきが悪いと言われてしまったりします。なかには、激しい肩こりや偏頭痛を呼び起こす原因になることもあり、目を無理して開けている状態が続くため、強い疲れを感じることもあります。
眼瞼下垂手術は「保険適用」で治療することが可能な疾患です。

〔眼瞼下垂は次のような症状を引き起こします〕
・まぶたが重く、目が疲れて夕方以降に奥に痛みを感じる
・原因が分からない慢性的な肩こり、偏頭痛
・上まぶたが視界をさえぎり、顔(アゴ)を上げて物を見る
・いつも眉を上げているので疲れやすい
・額に横線のシワができてくる

こんな方におすすめ

  • まぶたがくぼんで老けた印象を改善したい
  • 自分では普通にしているのに目つきが悪く見えてしまう
  • 眠たそうな顔に見えてしまう
  • 目の疲れから?くる肩こりや頭痛を治したい

眼瞼下垂の診断と原因

上まぶたは、眼瞼挙筋(動眼神経支配)とミュラー筋(交感神経支配)の2つの筋肉が縮むことで動作します。眼瞼挙筋は瞼板という上まぶたの軟骨についています。つまり、眼瞼挙筋は腱膜を介して瞼板を持ち上げ、目を開けています。このとき、顔を正面に向けた際も上まぶたが瞳孔(黒目)の上まで上げられない状態を眼瞼下垂と診断します。実際は、額の筋肉(前頭筋)を使って眉毛を上げたり、顔を傾けたりして視野を確保しているために見逃されている方が多くいらっしゃいます。眼瞼下垂を引き起こす原因としては、先天性もありますが、加齢による筋力低下や上まぶたの皮膚のたるみ、コンタクトレンズの長期使用、神経系疾患があげられます。

当院施術の特長

眼瞼下垂、希望ライン、結び目

眼瞼下垂の一般的な治療法は、目の上の皮膚を切除して行う切開手術です。一口に手術と言っても方法はさまざまで、皮膚の表面からメスを入れるもの、まぶたの内側から行うもの、筋肉を短縮するもの、切除するものなど様々です。当院では、余った皮膚切除および眼瞼挙筋短縮、図のようにまゆ毛の下の水色の線に沿って切開の場合もあります。

腱膜性眼瞼下垂症の場合は、挙筋の腱膜と瞼板が離れてしまった状態です。そこで、まぶたの皮膚を切開し、腱膜を瞼板に縫合し固定します。その際、眼窩隔膜の一部を皮膚とも縫合し、まつ毛を上向きにします。逆さまつ毛も治ります。
手術費用は医療保険が適用され、50,000円前後で処置が可能です。
手術をすると、楽にまぶたが上がるようになります。

眼瞼下垂手術は形成外科医へご相談ください

あなたの担当医は形成外科医ですか?
近年、眼瞼下垂は一般に広く知られることが多くなってきました。テレビや雑誌で取り上げられることも大変多く、症状改善のお問合わせを頂くことも増えたことは大変喜ばしいことだと思っています。長年一人で悩まれていた方が、これらの症状の存在を知って、保険適用で安心して日常生活に戻って頂くことは、長年この治療をやってきた者としてうれしい限りです。しかし一方で、眼瞼下垂症を取り扱うクリニックも増えて参りました。日本では医師免許を持っていれば、複数にまたがるあらゆる科目を標榜することが出来るため、この症状に不慣れな医師であっても看板に掲げることが多数、見受けられます。それに伴って当院にも、『他院で受けたのだが治らない』、『目の形が変わってしまった』、『美容整形したの?と言われて困っている』といった相談が数多く寄せられています。眼瞼下垂は私が訓練を積んだ『形成外科』の専門領域です。形成外科医は、生まれつきの異常や、傷跡回復、失われた部位を元に戻してあげたり、コンプレックスを解消するために特化した診療領域であり、眼瞼下垂術は形成外科医が初期段階から訓練を積む手術の1つです。 他院で満足な結果が得られないでいる、どこで受けたらいいのか困っている、といった方は、セカンドオピニオンとして、まずは形成外科医のもとを訪れることを強くお勧め致します。

施術の流れ

①カウンセリング

まず、診察をします。その上でそれぞれの手術の特徴・メリット・デメリットをご説明します。そして患者様の希望を配慮しながらもっとも適した手術や治療のご案内をします。その後シミュレーションを行います。

②手術

お客様のご要望にあわせた施術法、デザインなどで手術・治療を行います。

施術概要

施術時間60分
術後の通院抜糸(5~7日)
術後の腫れ7~10日(個人差あり)
麻酔局所麻酔
カウンセリング当日の治療術前検査
シャワー当日より可能
メイクアイメイクは抜糸より可能
その他のメイクは施術直後から可能

※主なリスク・副作用
手術中又は術後合併症としては出血・感染・ショック・膨張などがあります。傷が一時的に目立つことがあります。傷は目立たなくなることはあってもなくなることはありません、ご了承ください。

よくある質問

傷跡は出来ますか?

二重のラインがしばらく赤く目立ちますが、半年~1年くらいであまり目立たなくなります。

眼瞼下垂は保険で治療可能ですか?

医師による診断で眼瞼下垂という結果になれば保険適応となります。二重まぶた手術を希望された方でも適応が眼瞼下垂となることもあります。

相談した日に手術は受けることができますか?

手術には血液検査が必要です。検査の結果には数日かかりますので、別の日に手術を行うことになります。

料金表

施術内容料金
眼瞼下垂両目 保険適応※50,000円
※3割負担の場合の窓口でお支払い頂く金額です。別途、初診/検査料などかかる場合があります。
診察料:1,650円(30分) ※すべて税込価格、表記がないものは全て自由診療

コラム

Medical Content

ご不明点やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせフォーム・ご相談はコチラ

お知らせ

LINE

神戸トアロード形成美容クリニック 公式LINE@

ラインでのご相談を行っております。お気軽にご連絡下さい。お得な情報やイベント・キャンペーンなども配信。
ID: @hdd4286v

LINE QRコード
友だち追加数

instagram

神戸トアロード形成美容クリニック 公式instagram

お得な情報やイベント・キャンペーンなどの最新情報をお届けしていきます。

instagram

6月の診療日 ※赤の部分が休診

1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930

7月の診療日 ※赤の部分が休診

12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

8月の診療日 ※赤の部分が休診

123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

電話受付時間10時〜19時(水曜日は10時〜17時)

WEB予約